プロフィール

おかはん

Author:おかはん
レンタサイクルか、My折りたたみ電動アシスト自転車オフタイムで
日本全国の地図塗りつぶし、全県全市郡完全走破を企んでいる
乳がんリンパ節転移無数12個で数えるのをやめたと言われ
5年経過後もホルモン療法中のみで自転車乗り
今好きな言葉
『志は高く目標は低く成るがまま』

挑戦中(残り)
㉛鹿児島(5市4郡)
㉜兵庫(18市8郡)
㉝北海道(16市48郡)
㉞熊本(2郡)
㉟福岡(11市4郡)

全市郡完全走破達成
㉚沖縄(2020.2)
㉙京都(2019.8)
㉘宮崎(2019.3)
㉗大阪(2018.12)
㉖和歌山(2018.10)
㉕福井(2018.5)
㉔石川(2017.11)
㉓岐阜(2017.11)
㉒奈良(2017.7)
㉑秋田(2017.6)
⑳山形(2017.6)
⑲滋賀(2016.11)
⑱富山(2016.10)
⑰宮城(2016.5)
⑯岩手(2016.5)
⑮青森(2016.5)
⑭三重(2016.2)
⑬愛知(2015.11)
⑫福島(2014.10)
⑪新潟(2014.9)
⑩長野(2014.9)
⑨静岡(2014.4)
⑧山梨(2013.10)
⑦群馬(2013.7)
⑥栃木(2013.5)
⑤茨城(2013.4)
④埼玉(2013.2)
③神奈川(2012.11)
②東京都(全市郡区2012.9)
①千葉(2012.5)

ご訪問カウンター
カテゴリ
夢 (9)

第248目的地は千の風になって

今回の函館を拠点にした三日間のたびする
最終日の三日目
7月30日(月)
第248たびする
亀田郡七飯町、茅部郡森町
地図
地図

そこにある大沼を一周します
最短で周れば、距離はめっちゃ短くて20kmないくらい
回り道の寄り道したり、のんびり立ち止まって景色を見たりするつもり

だって、大沼ってすんごい良い景色の予感なのですからして

だって、だって、ここ
♪千の風になって~♪の作詞をした人が
ここに来た時、ここの景色を見たから
あの歌詞ができたということなんだそうで
千の風のモニュメントが大沼の岸のどこかにあるそうですのよ

千の風の歌って、どんな歌詞だったか忘れましたけど

おかはんが、がんになった時すぐに子供たちに言ったのは
「あたしが死んでも、お盆なんかに墓参りするなよ!!
おかはん、そもそも墓の中にはおらんからね、来ても無駄やで。
うちの子らみんな、とっつぁんの実家の墓の近くに住むって事はあり得んと思うの
勤務先が絶対に遠いから
そこからお盆に墓参りするとなると
その時期だけ極端に運賃が高くなったりすることもあるかもしれんし
大渋滞に巻き込まれることもあるかもしれんし
大混雑の人込みで精神的なストレスの大打撃を受けるかもしれんし
そんな目に、あんたたちを合わせたくないのよ
お盆に墓参りしたあとも、
生きた心地がしないくらい心身共に疲弊して
延々と疲労が回復できなくて
金銭的にも、体力的にも、精神的にもダメージをひきづるなんて
ほんとかわいそう
おかはん、とっくに分子レベルになって、飛びまくってるから
あんたたちが、おかはんのことを思い出してくれたときだけ
あんたたちの心の中に、おかはんは行ったげる」
というと
子どもらはそれぞれに
「こわっ、成仏してよ、来んといてよ」と言ったので
おかはんは「ガハハハッ」大笑いになりました

「ほら、歌にもあるじゃん
♪私のお墓の前で泣かないでください
そこに私はいません
じっとしてなんかいません
千の風に、千の風になって
分子レベルになって、飛び回っています~♪」

おかはんは、そんなにはっきり歌詞を知らないので、
こんな感じだと思って歌ってやりました

とにかく子供たちに負担を強いるようなことはしたくない
人それぞれ状況が違えば、いろんな形があって良いってことで
「うちの母親、変わった人やったな
がんだから、がんだから、とそれを利用して自転車に乗りまくって
好きなことしやがった
死んでもあっちこっち飛び回っとるやろうなあ」と言って、
いなくなったあとも、子供たちには、
あっけらかんと暮らしてほしいのじゃわ

♪千の風になって~♪の歌詞を発想した景色って
どんなんやろ??
すんごい興味あります
見てみたい、見たみたい

第248たびするは
函館本線の大沼公園駅下車
大沼
レンタサイクルがママチャリではなく
クロスを貸してくれるところがあったので、ちょっと楽しみってところです

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

完全走破達成の県
千葉県一周は未完
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム