プロフィール

おかはん

Author:おかはん
レンタサイクルか、My折りたたみ電動アシスト自転車オフタイムで
日本全国の地図塗りつぶし、全県全市郡完全走破を企んでいる
乳がんリンパ節転移無数12個で数えるのをやめたと言われ
5年経過後もホルモン療法中のみで自転車乗り
今好きな言葉
『志は高く目標は低く成るがまま』

挑戦中(残り)
㉛鹿児島(3市4郡)
㉜兵庫(18市8郡)
㉝北海道(16市48郡)
㉞熊本(2郡)
㉟福岡(11市4郡)

全市郡完全走破達成
㉚沖縄(2020.2)
㉙京都(2019.8)
㉘宮崎(2019.3)
㉗大阪(2018.12)
㉖和歌山(2018.10)
㉕福井(2018.5)
㉔石川(2017.11)
㉓岐阜(2017.11)
㉒奈良(2017.7)
㉑秋田(2017.6)
⑳山形(2017.6)
⑲滋賀(2016.11)
⑱富山(2016.10)
⑰宮城(2016.5)
⑯岩手(2016.5)
⑮青森(2016.5)
⑭三重(2016.2)
⑬愛知(2015.11)
⑫福島(2014.10)
⑪新潟(2014.9)
⑩長野(2014.9)
⑨静岡(2014.4)
⑧山梨(2013.10)
⑦群馬(2013.7)
⑥栃木(2013.5)
⑤茨城(2013.4)
④埼玉(2013.2)
③神奈川(2012.11)
②東京都(全市郡区2012.9)
①千葉(2012.5)

ご訪問カウンター
カテゴリ
夢 (9)

第231醤油発祥の地の湯浅町で優しくしてもらった

弁天さん曰く
「たびするが終わると
『あー、楽しかった、今回は、みんなに優しくしてもらったわー』
って言うけれど
どこに行っても、それ言っとるやないかーい」
え?そうでしたっけか???

和歌山県
三日目
3月18日
後半:有田市・有田郡(湯浅町・有田川町)

湯浅町からスタートしようとしたんですが
ちょうどこの日、湯浅町のお祭りだったみたいなんですよ
交通整理の人が、道路を通行止めにして立っているし
スタートの駐車場がなかなか見つからないし
かなり往生こきました

人が少ない日に行きたかった、というのが本音です

やっと、駐車場を見つけて入ったんですが
湯浅町
ここ、いいのかなあ~
満車って書いてるけど、そこそこ空いているようで
みなさん、ここから出ていくような、、、
なんか、悪い予感がするんですけど、、、

案の定、ゴールした時、
予感的中で、肝が冷えましたわ
ウチの車1台だけが残っていて
出入り口にポールが立っていて、誰も居なくて
車が出せなくなっていました
ここ、お祭りの臨時駐車場で、そもそもは駐車場じゃなかったので
お祭りが終わる時間になると、駐車場ではなくなる
ということだったんですよ

そんなこと知らなかったので

今思い出しても、ゴールして
車が出られないと分かった時のドキドキを思うと
どうにかなりそうですが
その続きは後にして

湯浅町
湯浅町は、古い町並みで、道は狭くて
自転車でカクカク曲がっていると、方向感覚がわからなくなって、
熊野古道へ通じる道らしく、古くからの道しるべもありましたが
迷子になりそうな感じで、面白かったです

ここは、醤油醸造の発祥の地だそうです
ほんとは、このあたり、すごい人がいまして
自転車は漕げないほどでした
湯浅町

醤油の発祥地と言えば、おかはんたちはそのことをすでに教えてもらっておりまして
過去2016・8・21にたびする以外で千葉県銚子市に行って
銚子電鉄を辿った時
飛び込みで途中にあった醬油工場の見学に行ったら、
醤油をお土産にもらって
ミッション銚子
そこで、聞いたんですよ
銚子の醤油は、和歌山県が発祥地だって
そこから作り方を教えてもらったんだって
だから、よく似た地名が和歌山と千葉にあるって
白浜とか勝浦とか、あるんですよ

その醤油の発祥地に遂に到達したわけですわ
思えば遠くに来たもんだ
ここに到達するまで、たびするが続けられているとは
銚子では予想もしていませんでしたわ

とりあえず、発祥地の写真はゲットできたので
お祭りも絡んで、大混雑のエリアの見物は早々に諦めまして
有田郡湯浅町から、有田市に向かうことにしました

有田市へのルートは、海岸線を漕いで行こうと決めましたが
実際、、自分たちが今どこにいるのか、ぐだぐだしているうちにさっぱり分からなくなりまして
途中の空き地で、県別マップルを見ても、
現在地が特定できないんですよね

こんなことあるんじゃろか、と考えに考えて
だいたい見当をつけたころに
知らない車がおかはんたちに横付けしてくれまして
「どこに行こうとしているの?」とおじさんが声をかけてくださいまして
わざわざ車から出て来て
「海岸沿いの道で有田に行きたい」という希望に沿って
とても丁寧に道を教えてくださいました

すごく親切な方でした
とても有難かったです

そこで、おかはんは勝手に思ったんですが
湯浅町の人は、道に迷っている人に親切なのかもしれません

なぜならば、
昔から湯浅町は
熊野古道や、伊勢高野道の、合流地点にある宿場町だったので
道を間違えないように、
湯浅の人は、道に迷いそうな人を見かけたら
親切丁寧に、道を教えてくれるんじゃないかと思ったんですよ

「もう終わりかなと思ったら、もう1回上りがあります」とか
そういう情報をくれるんですよ

つづく

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

完全走破達成の県
千葉県一周は未完
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
第296鹿屋市と垂水市のカントリーサインゲット 2020/04/08
第296やったー廃線跡のトンネル発見 2020/04/08
第296廃線跡があるって知らなかった 2020/04/07
緊急事態宣言が出るので 2020/04/07
第296もと小学校の体育館のレンタサイクル 2020/04/06
水色と緑色の公衆電話 2020/04/06
第296どら焼きのあんこと皮の黄金比 2020/04/05
種子島空港すごいタイミングのスコール2回目 2020/04/05
走るいつものコースのスタートでなんじゃあれ? 2020/04/05
第295おまけアコウのアーチ 2020/04/04
第295おまけ鉄浜海岸 2020/04/03
順番も修正しました 2020/04/03
BLOG正常化したみたいです 2020/04/03
ブログの不具合に奮闘中 2020/04/02
BLOGがアップされないので 2020/04/02
第295おまけ種子島鉄砲館の周り 2020/04/02
走る挨拶も気をつかってしまう 2020/04/02
第295のおまけ優しい人がくれたもの 2020/04/01
第295のおまけそこに現れた人が 2020/04/01
第295種子島小ネタ 2020/04/01
検索フォーム