プロフィール

おかはん

Author:おかはん
レンタサイクルか、My折りたたみ電動アシスト自転車オフタイムで
日本全国の地図塗りつぶし、全県全市郡完全走破を企んでいる
乳がんリンパ節転移無数12個で数えるのをやめたと言われ
5年経過後もホルモン療法中のみで自転車乗り
今好きな言葉
『志は高く目標は低く成るがまま』

挑戦中(残り)
㉛鹿児島(3市4郡)
㉜兵庫(18市8郡)
㉝北海道(16市48郡)
㉞熊本(2郡)
㉟福岡(11市4郡)

全市郡完全走破達成
㉚沖縄(2020.2)
㉙京都(2019.8)
㉘宮崎(2019.3)
㉗大阪(2018.12)
㉖和歌山(2018.10)
㉕福井(2018.5)
㉔石川(2017.11)
㉓岐阜(2017.11)
㉒奈良(2017.7)
㉑秋田(2017.6)
⑳山形(2017.6)
⑲滋賀(2016.11)
⑱富山(2016.10)
⑰宮城(2016.5)
⑯岩手(2016.5)
⑮青森(2016.5)
⑭三重(2016.2)
⑬愛知(2015.11)
⑫福島(2014.10)
⑪新潟(2014.9)
⑩長野(2014.9)
⑨静岡(2014.4)
⑧山梨(2013.10)
⑦群馬(2013.7)
⑥栃木(2013.5)
⑤茨城(2013.4)
④埼玉(2013.2)
③神奈川(2012.11)
②東京都(全市郡区2012.9)
①千葉(2012.5)

ご訪問カウンター
カテゴリ
夢 (9)

観光第212なたぎり峠生きた心地がしない

6月16日
山形県最上町封人の家から

おかはんが
「今日の予定は、新庄市と最上郡です」
と言ったので、
管理のおじさんが
「じゃあ、まずなたぎり峠を、越えて行きなさいよ。
そこから・・・・」と
どんどん勝手にこれからのルートを決めたです

なんてこったい

なたぎり峠なんか、行く予定はなかったんですけど
雨が、しとしと降ったり止んだりで
自転車を漕ぐ時間を作ることが出来ないので
おじさんには親切にしてもらったし、せっかくなので、
全くその通りに行動してみることにしました

なたぎり峠は、芭蕉が封人の家から尾花沢に向かって
歩いて越えた峠なんですって

パンフレットのような地図もくれました
最上町

「あら、なたぎり峠って、こんな字を書くんですか~。へえ~」

山刀伐、これで、なたぎりですか

「そう、そうなんですよ。
芭蕉が歩いた道とは別に、車道もちゃんとありますから。
車で越えられますよ。
芭蕉が歩いた道と、車道が同じところもあるんですよ
雰囲気がよくわかりますから」
おじさんは、軽く言いました
最上町
貰った紙の地図の面を開いて見ると
芭蕉が歩いた道は、赤い道で、最短距離ですが
車道は、黒い道で、ものすんごくねくねしておりますがな

なんか、いやーな予感がします
最上町
最上町

ここが入口でしょうね
最上町
いや、いや、いや、どうなんでしょう
車1台分の幅しか舗装されてませんけど
大丈夫なんでしょうか
最上町
ここ~??ここですよね~?ここが車道ですよね・・・、
最上町
せまーっ!大丈夫かいなー
最上町

ひい、おかはん側、ガケですよーーっ!!
もっとこまわりできんのかーーっ!!
最上町

さっき、封人の家で、
すんごいちっこい、かわいいわらじを記念に買ったので
車にぶら下げています
お守りになるといいです
最上町

あの時、おじさんに
「このちっこいわらじ、材料は何ですか?なんかしっかりしていますね?」
とおかはんが聞いたら、
「い草ですよ」とのこと
「藁じゃなくて、い草なんですね。おいくらですか?300円?
へえ、右と左で300円ですか?」
「ま、ふつう、右と左ですよね。片方だけってのもねえ。」

「ですよね」
「まあ、どっちを右にしても左にしても、同じ形ですけど」
「ですよね。結構手間かかるのに、お安いですね。旅のお守りにします」
とおかはんは喜んで、ちっちゃな草鞋を買って
すぐに、おかはんの目の前にぶら下げたんですけど

勝手にお守りと言ってるだけで、お守りとしては売られてなかったわけで
藁にもすがる思いでして
(あ、い草だったかー)

「ほんまに守ってくれるんやろかー、このわらじ。300円で―。
この道、前から車が来たら終わりやでー、
来るなよー、来るなよー、来るなよー、
クルマくるなよー、
熊も、クマ―、
木から落ちて来てフロントガラスにへばりつくなよー
生きた心地がせんわー」
緊張感の連続なので、叫ぶしかありません

もはや、ヘヤピンカーブでは、
デジカメのシャッターを押すことが出来ません
「わ、わ、わ、わ、わ、わ、」と言っているだけで
どこかにしがみついているだけです

ほんとに、みんなここ車で登るん?
旧道って書いてあるけど
信じられん
ロシアンルーレットか!
カーブ回るたびに、車が来てないかと思ったら、息の根が止まるわ

途中にすれ違える場所がまったくないし
どっちもバックできませんがな

峠の天辺につくと駐車場があって、
そこからの下りは、道が広くなりました
途中から、あまりにも怖くなって、
両手をどこかにしがみつかせていたので
デジカメが足元に落ちて、
拾う気も失せたままで、
天辺の標識も、駐車場も、道が広くなってからも、放心状態で
写真を撮る気力がなくなっていました

「弁天さんは、絶対、絶対、絶対、この道運転できんな」
「んだ、んだ」

後で、奥の細道の山刀伐峠越えの芭蕉の様子を調べてみますと

峠越えの道は、鳥の鳴き声一つ聞こえず
夜行くがごとし、というくらいで
道案内を付けた方が良いと言われたので、頼んだんだけど
その人が武装していたので
おかしいな、危ない予感がする、と
芭蕉はおそるおそる付いて行ったとかで、
峠を越えた時、
案内の人が
「この道を通る時にはきまって悪いことが起こるのだけど、
今日は無事に越えられて良かった」
と言い残し、喜んで帰って行ったとか。
その言葉を聞いたとき、後になって、また胸がどきどきしてしまったとか

おかはんたちは、峠越えをできたとき、
どんだけ
ほーっ
としたことか
誰も居なかったから良かったけど、って

山刀伐峠越えは、芭蕉とは逆走で、車で来る人はいないんでしょうか
いないことを信じます

おじさん、やってくれたな
ふぇえ~、こういう道だって事、先に言っといてよ~

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

完全走破達成の県
千葉県一周は未完
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
緊急事態宣言が出るので 2020/04/07
第296もと小学校の体育館のレンタサイクル 2020/04/06
水色と緑色の公衆電話 2020/04/06
第296どら焼きのあんこと皮の黄金比 2020/04/05
種子島空港すごいタイミングのスコール2回目 2020/04/05
走るいつものコースのスタートでなんじゃあれ? 2020/04/05
第295おまけアコウのアーチ 2020/04/04
第295おまけ鉄浜海岸 2020/04/03
順番も修正しました 2020/04/03
BLOG正常化したみたいです 2020/04/03
ブログの不具合に奮闘中 2020/04/02
BLOGがアップされないので 2020/04/02
第295おまけ種子島鉄砲館の周り 2020/04/02
走る挨拶も気をつかってしまう 2020/04/02
第295のおまけ優しい人がくれたもの 2020/04/01
第295のおまけそこに現れた人が 2020/04/01
第295種子島小ネタ 2020/04/01
第295種子島の夕陽ポイントでがっくり 2020/03/31
第295お酒とバナナとおしり 2020/03/31
ロサンゼルス弁天さんの状況 2020/03/31
検索フォーム