プロフィール

おかはん

Author:おかはん
レンタサイクルか、My折りたたみ電動アシスト自転車オフタイムで
日本全国の地図塗りつぶし、全県全市郡完全走破を企んでいる
乳がんリンパ節転移無数12個で数えるのをやめたと言われ
5年経過後もホルモン療法中のみで自転車乗り
今好きな言葉
『志は高く目標は低く成るがまま』

挑戦中(残り)
㉛鹿児島(5市4郡)
㉜兵庫(18市8郡)
㉝北海道(16市48郡)
㉞熊本(2郡)
㉟福岡(11市4郡)

全市郡完全走破達成
㉚沖縄(2020.2)
㉙京都(2019.8)
㉘宮崎(2019.3)
㉗大阪(2018.12)
㉖和歌山(2018.10)
㉕福井(2018.5)
㉔石川(2017.11)
㉓岐阜(2017.11)
㉒奈良(2017.7)
㉑秋田(2017.6)
⑳山形(2017.6)
⑲滋賀(2016.11)
⑱富山(2016.10)
⑰宮城(2016.5)
⑯岩手(2016.5)
⑮青森(2016.5)
⑭三重(2016.2)
⑬愛知(2015.11)
⑫福島(2014.10)
⑪新潟(2014.9)
⑩長野(2014.9)
⑨静岡(2014.4)
⑧山梨(2013.10)
⑦群馬(2013.7)
⑥栃木(2013.5)
⑤茨城(2013.4)
④埼玉(2013.2)
③神奈川(2012.11)
②東京都(全市郡区2012.9)
①千葉(2012.5)

ご訪問カウンター
カテゴリ
夢 (9)

第119スタート前のお宝ゲット乳岩ってなんじゃろ?

第119たびすると第120たびするの企画は
愛知県の北設楽郡。と
山越え移動したあと
長野県のラストラン。というもの


スタート地点の茶臼山高原へ向かっていた時のこと
自宅からは、5時間の運転覚悟だったので、
何度も休憩しながら移動していた


新東名の高速道路で、ぐるりんと道路が回っているポイントから、無料の有料道路へと外れ、
いや、それ、変かい?
どうみても有料道路なのに、無料と書いてある道路へと外れ
終点の鳳来峡インターという所で下りた
ま、下りるしかなかった
そこは愛知県新城市


はてさて、ここから北設楽郡まで、どんなルートで行くんだろう?と県別マップルを確認する
何を隠そう前を隠そう
おかはんちの車のナビは、
新東名も、この無料の有料道路も存在している事を知らない、
化石のようなナビちゃんなのだ。呆けまくっている
ここからは、ちゃんとナビできるのか?チェックしておかねばならぬわい。と思って
確認、確認、
はは、どや、他人とは思えない時代遅れぶりだろ


そんな状況下で愛知県の県別マップルを見ていたら
なぬ?
ここから近く、地図がすっかすかのところに
赤い字で

乳岩

とある

乳岩ってなんじゃろ?


そうだ、
こんな地図すっかすかなら、きっと自然いっぱいだろうから
ここまで行って、新鮮な空気を身体中に、満充填しようぜい
そこで、とっつぁんの運転疲れを、吹き飛ばそう


てなわけで
乳岩に向かったわけよ


すんげーわかりにくくて、曲がり角いっぱいだけど、
ポイントごとに、手作り感の表示があって
あっという間に、深い山の中に入り込んで
最後の頃は、緑に包まれながら
ええ雰囲気のせせらぎの川沿いの道を進んで
駐車場に到達した
ここから、ちょいと歩けば良いわけだな



ただ、不安になったのは、
到着した駐車場に居た人たちが、
オール山ガール、山ボーイの本格的ないでたちだったことだわ


おかはんの靴は、
コンバースのように平らで、しかも板のように凹凸の無い靴底である
いつどこで履く使用なのか、考えもしないで割引セールで購入し
謎のまま履いておる
どっちかと言うと、ローラー滑り台をこの靴で滑るのにちょうど適した靴底のような気もする

これで、いいのか
この靴で行けるんだろうか?
乳岩まで
ほんと不安


案内図を見ると、
15分、そこから一周30分

なんか、アホナとっつぁんにも、おかんにも理解できんが
「たぶん往復30分の周回遊歩道があって、帰って来られるなら、ちょうど、ええわい」
「どうにか、なるっしょ」と考えた
「乳岩までレッツらゴー」

だけど、ほんとは、
15分の川沿いの苔だらけの滑り落ちそうな山道があって
そのあと、胎内潜りのような、急な岩場を、鉄梯子を上ったり、
岩に挟まれたりしながら、一周30分の岩登りコースがあって
その後来た道を15分帰る
で、結局1時間を越える山登りコースだったわい

042_convert_20140916121026.jpg
一周のスタート地点であり、ゴール地点

遊歩道なんて、あまーい。
とんでもなかった
遊歩道なんて、誰も言ってないのに、勝手に勘違いしていた事を思い知らされる
汗ぐっしょりの、スリルとサスペンス


体力的には、かなり疲弊した
精神的には、ま、休憩になったと言えば、休憩になった
運転疲れを消し去るくらいの、新たな心地好い疲労感


ここに今度来るときは、
寄り道ではなく、ここを目的地とするべきである
それほどの価値がある
すんばらしい乳岩峡

その時は、トレッキングシューズで来て、
もっと奥に鬼岩とやらがあるらしく
そこまでのロングコースにすれば、
大きな感動がさらに味わえるだろうと思った


それにしても
なんで、いきなり、気紛れで、ここに来たんだろう?
すんごいお宝ゲットだったわ
ほんとらっきー


次で、写真あっぷするわ
足元が恐くて、巨大岩石ばっかりで薄暗くて
写真がいいのが撮れてないけど

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

完全走破達成の県
千葉県一周は未完
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム