プロフィール

おかはん

Author:おかはん
レンタサイクルか、My折りたたみ電動アシスト自転車オフタイムで
日本全国の地図塗りつぶし、全県全市郡完全走破を企んでいる
乳がんリンパ節転移無数12個で数えるのをやめたと言われ
5年経過後もホルモン療法中のみで自転車乗り
今好きな言葉
『志は高く目標は低く成るがまま』

挑戦中(残り)
㉛鹿児島(5市4郡)
㉜兵庫(18市8郡)
㉝北海道(16市48郡)
㉞熊本(2郡)
㉟福岡(11市4郡)

全市郡完全走破達成
㉚沖縄(2020.2)
㉙京都(2019.8)
㉘宮崎(2019.3)
㉗大阪(2018.12)
㉖和歌山(2018.10)
㉕福井(2018.5)
㉔石川(2017.11)
㉓岐阜(2017.11)
㉒奈良(2017.7)
㉑秋田(2017.6)
⑳山形(2017.6)
⑲滋賀(2016.11)
⑱富山(2016.10)
⑰宮城(2016.5)
⑯岩手(2016.5)
⑮青森(2016.5)
⑭三重(2016.2)
⑬愛知(2015.11)
⑫福島(2014.10)
⑪新潟(2014.9)
⑩長野(2014.9)
⑨静岡(2014.4)
⑧山梨(2013.10)
⑦群馬(2013.7)
⑥栃木(2013.5)
⑤茨城(2013.4)
④埼玉(2013.2)
③神奈川(2012.11)
②東京都(全市郡区2012.9)
①千葉(2012.5)

ご訪問カウンター
カテゴリ
夢 (9)

第225エンディングはドッキリのプラカードか

だくてんさんもご自分のブログで、
ジオラマや照明の作品の製作記を紹介されましたので
この旅のエンディングとして・・・

11月3~5日で
岐阜県、石川県の2つのラストランを完了して
11月5日
だくてんさんのお嬢様が福引で名古屋のホテル無料券を大当たりされて
それをプレゼントしていただいたので
そこに宿泊し

翌日11月6日帰宅のため
ホテルを出ようとしたとき

なんじゃこりゃーーーーー!!!
びっくり仰天だわさ

だって、だって
昨日の夜、ホテルに入って、
だくてんさんのジオラマが入った箱が部屋の中に置いてあったから
そんなサプライズしてもらったことなんかないので
腰を抜かして
その後、やや落ち着いて、鳥貴族で祝杯をあげに行って
遅くなってからホテルに戻って来たわけで

そのときだって、高級ホテルのロビーは
モザイクのような美しい模様の
広ーいひろ~い床があっただけのはず・・・・

「はあ??
昨日これ。あったっけ??
見たのを忘れているんだろうか???
いや、昨日は酔っ払って、しかもジオラマに興奮していたからって
これに気がつかないわけがないわ
いくらなんでも、それほど呆けてはないじゃろ、二人して
これ、無かったもん」

一夜にして、クリスマスの飾りやないかーーーーい!!

昨日からサプライズで興奮しまくっていたから
何が起きてもおかしくないような心持で

「だくてんさんが、夜、飾りに来たんとちゃうか?」
「どこかから、ドッキリのプラカード持っただくてんさんが、出てくるんとちゃうか?」
きょろきょろ。きょろきょろ。

「だくてんさん、ぎっくり腰で立てないって言って、どこかにおるんちゃうん??」
きょろきょろ。きょろきょろ。

「だくてんさーん、どこかから見てるん??」
きょろきょろ。きょろきょろ。
「なわけないか」

「あら?」
おかはんたちが写真を撮っていたら
欧米人のお客さんたちが近づいて来まして
「ああ。あなたたちも記念写真が撮りたいのね」
そら、昨日の夜宿泊した人は、驚くわよね

今回のたびするは本当にいろいろなことがありました
だくてん様、お嬢様、奥様に感謝

最後の最後に
「それにしても、クリスマスの飾り付け早いよね
今日11月の6日やろ。。。。
。。。あ、結婚記念日やった」

第226石垣島へ

1月14日(日)
まずは石垣までの退屈な空の旅の記録です

朝4:40発の空港バスで羽田へ向かいます
竹富島
とっつぁんは前日、一泊二日の沖縄県那覇の出張から帰宅して
また沖縄県の石垣に行きます

JTA東京発06:35
マイルで航空券ゲットしました
竹富島
到着時刻は石垣10:15着の予定です
3時間40分かかります
沖縄のさらに南ですから、けっこう遠いです

ちなみに、帰りの石垣➡東京は2時間35分で帰って来れます

乗ったらすぐに退屈です
スマホがないので
無料のいろんな映画やミュージックビデオも見られないので
原始的なイアホンを貰って、機内の音楽を聴きます
さっすが、沖縄発日本の翼 日本トランスオーシャン 航空JTA
音楽チャンネルの中に、島唄や沖縄ポップスがあります
竹富島
沖縄への気持ちを盛り上げましょう
大城美佐子さんの19の春にはシビレました
すごい良い声で、心に沁みます

窓の外を見ると、翼が見えていまして
その先っちょになにか付いています
竹富島
なんじゃあれは?
ウサギか。。。黒いな。。。
ああそうか、奄美の黒ウサギか。。。
とっても可愛くて、癒されます
翼が邪魔という気がしなくなって、黒ウサギちゃんと一緒に空の旅をしている気分になれます

あとで客室乗務員さんがアナウンスしてましたけど
沖縄周辺の希少生物を、翼に付けているんですって
機体ごとに違う生き物が付いているみたいです
そして、あの絵は、乗務員のだれかの作らしいですよ
とっても温かみのあるイラストです

座席は、後ろの方だったからか、ガラガラでした
竹富島

日の出です
竹富島

「おい。黒ウサギちゃん。下に富士山が見えるで」
「はんまや~」
「きれいやなあ~」
「奄美には雪無いからなあ~」
などと一人二役で喋ったりします。退屈なので
竹富島

おし、退屈だから、客室乗務員さんが近づいて来たので話しかけてみよう
「すみませーん、県のシールもらえませんか~?」
「はーい、都道府県のシールですね。もちろん差し上げます。」
てなわけで
そろそろ飲み物も配り終わって、落ち着いた頃だし
ひらふら歩いているだけの時を見計らって
「県のシールが欲しい」と言うわけで
そうすると、これまですべての客室乗務員さんはみーんな喜んでくれますけど
JTAは特に心からの笑顔なので、とても好感が持てます
竹富島
以前の物は縦長だったけど、最近のはすごく楽しい絵があります

あそうだ、都道府県シールって
客室乗務員さんが、自分のゆかりのある県のシールを持っていて
集めているお客さんが欲しいと言えばくれるシステムみたいです

とっつぁんが言ってたけど、ある時和歌山の人がいて
赤の縦長のときだったけど
和歌山のシールはすごくレアなんですって
和歌山県出身のLALの客室乗務員さんて、その時4人しかいなくて
なかなか手に入らないって、そう教えてくれたって言ってました

JTAはやっぱり沖縄のシールを持っている客室乗務員さんが多いそうですで
竹富島
おおー、これ竹富島の牛が馬車をひっぱっておる所じゃん
牛だから馬車じゃないか。。。
今日これから自転車で周る所やで。なんか嬉しい
おかはんが嬉しそうにするから、客室乗務員さんも嬉しそうです

「ほかのクルーにも伝えますので、あとでお持ちしますね」と言ってくれたおかげで
他の客室乗務員さんがやって来て、兵庫県のシールもゲットできました
竹富島
明石海峡大橋です
わあお、懐かしなあ~
おかはんは、この吊り橋ができる時、
最初のロープを、工事の人が、台座の上でヘリコプターから受け取って、
吊り橋が繋がった瞬間を
家のベランダから見て居たことがあります
なんか感動しました。懐かしい思い出です

ほら、また他の客室乗務員さんもやってきました
今度は神奈川県のシール、ゲットです
竹富島
江の島の向こうに富士山が見える絵でした
この風景を見ながら自転車漕いだことはあります
これもまた懐かしいです

自分の知っている光景がシールの絵になっているのは
とても楽しいですわ
大喜びです
こういう小さな事でも、旅が楽しくなります
退屈も和らぎましたし

機内の記録からつづく

石川県ラストランの1枚

11月5日
石川県能美市
松井秀喜ベースボールミュージアム前で
朝7時半に出会った松井秀喜さんのお父さん

「こんなに朝早くここに居ることはまずありません。とても偶然なことです」
とおっしゃっていました

11月のたびする軽くふり返り三日目終了後

だくてんさんから
ホテルの招待券をプレゼントされ
名古屋に一泊して翌日帰路につく予定で、
部屋に入ったら
だくてんさんが製作したたくさんのジオラマが届いていました
サプライズ
サプライズ
サプライズ
作品リストは
石川県完走賞(能登演劇堂)
岐阜県完走賞(ガッタンゴー、美濃和紙の照明)
奈良県完走賞(雪丸くん)
滋賀県完走賞(ちょんまげタオル)
第200記念賞(ルート66照明)
でした

11月のたびする軽くふり返り三日目

11月5日、三日目
第225たびする
石川県ラストラン
石川県市小松市、能美市、能美郡川北町、加賀市ゲット
石川県ラストラン
スタートは突然空室がでて泊まった小松市のホテルの駐車場から
朝7時半
絶対に開いてない時間、誰も居ない松井秀喜ベースボールミュージアムで
奇跡の出会い
snap_sugiurajitensha_2017124102448.jpg
松井秀喜のお父さんが、こんなに朝早くここに居ることは無いとおっしゃっていました
鍵を開けてもらって、ツーショットです

手取川で、たぶん鮭を釣っている人たち
石川県ラストラン


小松市のコマツの世界最大のトラック
石川県ラストラン

中谷宇吉郎雪の科学館
石川県ラストラン

50km
石川県完全走破完了
完全走破達成の県
千葉県一周は未完
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム