プロフィール

おかはん

Author:おかはん
電動アシスト自転車で、日本全国の地図塗りつぶし、全県全市郡完全走破を企んでいる
乳がんホルモン療法中で自転車乗り

挑戦中(残り)
㉖北海道(30市63郡)
㉕沖縄(2市2郡)
㉔奈良(4市2郡)
㉓岐阜(2市)
㉒秋田(1市1郡)
㉑山形(1市2郡)
⑳和歌山(8市5郡)

全市郡完全走破達成
⑲滋賀(2016.11)
⑱富山(2016.10)
⑰宮城(2016.5)
⑯岩手(2016.5)
⑮青森(2016.5)
⑭三重(2016.2)
⑬愛知(2015.11)
⑫福島(2014.10)
⑪新潟(2014.9)
⑩長野(2014.9)
⑨静岡(2014.4)
⑧山梨(2013.10)
⑦群馬(2013.7)
⑥栃木(2013.5)
⑤茨城(2013.4)
④埼玉(2013.2)
③神奈川(2012.11)
②東京都(全市郡区2012.9)
①千葉(2012.5)

カウンター
カテゴリ
夢 (9)

③開館前の杉並アニメ-ションミュージアムで

開館時間30分前、
アニメのある上の方の階まで
限りなくさり気無く突入となった
怒られたら、アホの振りして謝ろう
(えっ、まだだったんですか。なーんだ。あれあれ、すいませーん
もう、ほんとに、まったく、ごめんですう)
心の中で、セリフの練習を繰り返す
「エレベーター在るよ」とこそこそのおかはん
「まだだめみたい」と顔で表現のとっつぁん
うぅそー、じゃ、尚更のこと入っちゃだめじゃん
うわ、こういうの、いけんって、やめとこうよ
と泣き顔になるが、もう引き返せない
杉並会館の階段をゆっくり上がる
ふかふかしている
やっぱり披露宴会場へ向かう階段だからだね
下の貸衣装屋さんの中から
誰かに見られたような気がしたが、
遠かったからか何も言われなかった
2階に上がりきったところで、
うっ
ばったり掃除機をかけてる人に出くわした
ごくり、唾を飲み込んで、硬直
ぼんさんがへをこいた、の止まった時
でも、何も言われなかった
何事もないようにお掃除を続けられた
ふう
ゆっくりゆっくり怪しまれないように、
むしろ悠然と上がって行く
階段を上がりきったところで
わああ、
一挙にカラフルが目の前に現れた
高揚感、興奮
懐かしいキャラクターたちがいーっぱい
どーん
確かユザワヤで38万円くらいだったガンダムもあったし
わあ楽しい
がちゃがちゃ騒々しいくらいの楽しさが見渡せる
さらに、上の階に、企画展の様子が見える
これこそアニメミュージアムだよねえ
んだんだ
階段の手摺りに寄り掛かたまま、一気に緊張感がほどけた
よだれに気がつかないくらいの弛んだ笑顔になって
キャラクターたちを見ている
やっぱりすぐそこにも、、黙々とお掃除している人がいたけど
全く気にとめられなかった
「どうする?ここで開くまで待つか?」
「うーん。ここに辿り着くまでが、すんげー面白かったし。
ここからでも、だいぶ見たし
もういいわ。もう楽しい思い出づくり出来た」
「…うん、だな」
「ああ、、勝手にドキドキしたあー。じゃ、もう出ようか。
ほな、さいなら」
キャラクターたちに遠くから、大きくバイバイと手を振って
堂々の凱旋
さっきまでは何だったんだろう、この堂々ぶり




あほちゃうか?
でも、ほんと面白かった
結局、みんなに無視されてたけど
探検隊の気分を味わった
あたしら、あほやで。
でも、
ええやん

②開館前の杉並アニメ-ションミュージアムで

今度はおかはんが、外で自転車持って立っていて
とっつぁんが中に入って行った
以降だばだについて、とっつぁんは一切触れることはなかったので
気がつかなかったか、興味なかったか
スルーとなってしまった
せめて、おかはんだけは記録しておこう
予想もしていなかった建物の外観の雰囲気
中にあったウエディングドレス
そしてだばだ
説明しよう
結局、ここはは杉並会館という建物で
上の階がアニメミュージアムになっている
この建物の前に、由緒ある神社があるので
そこで結婚式したあと、披露宴とかができるようになっていて
貸衣装やさんも入っている
じっくり考えてみると、アニメを前面に出していないのも
頷ける気がする
なるへそ
ここまで、知っていたらどってことないけど
おかはんたちにとっては、謎だらけだった
おかげで
二人して、抜き足差し脚忍び足になったわけなの
そして、結婚式場のロビーの入り口の壁面が
下から高い天井まで陶芸作品で出来ていて
その前に、小さな説明書きがあった
<この壁は、珈琲のCMに出ていた陶芸家の作品です>
といった珈琲ありきの内容だ
おかはんは思った
<この作品を制作した陶芸家は、珈琲のCMに出ていました>
ではないのだなあ
すんごい迫力で、タダものではないなあ
と、ど素人のおばはんの濁り汚れた感性でも
刺激されるような壁なのに
有名な陶芸家の有名さの度合いは
珈琲の有名さに負けているような言い方だなあ
なんか気の毒
そこで、やっと思い出した
あ、ダバダーダバダーダバダー、のBGMのCMの珈琲だ
きっと
じゃ、ダバダのほうが完全に有名だわ
あの時代の人なら子供でも聞いたことあると思うもん
しっかし、とっつぁんに完全スルーされたダバダなのに
おかはんは、こんなことを考えて
貧相な思考回路で
楽しいひと時を過ごしたわけよ




しばらくして、とっつぁんは偵察から戻って来たが、
まだ全く謎が解けていないので
とにかく行けるとこまで行ってみよう
ってことになった
ヘルメットをぶら下げたおばはんと、
ちんちくりんのズボンをはいたおっさんが
9時半に、もうすでに3時間も漕いで
油ぎった顔して、よれよれのまま
ふかふかの絨毯に、靴をのめり込ませながら
ゆっくりゆっくり、びくびくおろおろしながら
突入
ほんとに怒られないのかなあ、入っても
と内緒の声で、何度も何度もつぶやいている

①開館前の杉並アニメ-ションミュージアムで

今は昔、第32たびする東京都全走破の日のこと
こんな些細なことが、どうしてこんなにも面白かったんだろう
楽しいことって、気がつかないだけで
どこにでも転がっているんだなあ
みたいな記録




お願い。お願い。一回だけちゃんと聞いてよ。子供たち
「おかはんの一番欲しいものは何ですか。と聞かれたら
絶対【セレンディピティ】と答える」
と、君たちに話すと
必ず「どーぞ、ご勝手に」とうんざりした顔されるけどさ。
研究者とか、偉いひとのために用意された言葉じゃなくってさ。
おかはんごときが、使っちゃだめなの?
誰の役にも立たないかもしれないけど
思いがけず幸せを探しだす能力って
そういうの、セレンディピティとは認められないのかね
ぴったり来る言葉が他にあったら、教えてよね
【ラッキー】だったら、何にもしてないのに
偶然に向こうからポンと飛んでくる感じでしょ
それとはちゃう、ぜんぜんちゃう。
せっかく転がっておるのに、気がつかない、
面白いことを発見する能力が、もっともっと欲しい
ああ、またうんざりされたなきっと。どうでもいいんだよね




ふん。おかまいなく、書く
杉並アニメーションミュージアムって
どうも杉並区のこのあたりがアニメと言うより
漫画の発祥地みたいな意味合いがあるようで
だから区が無料でやってるみたい
無料なら行ってみよう
と建物の入り口に着いた
キャラクターのプレートがいっぱい
建物の壁に貼り付けて在るんだけど
メタリックで、一見めだたないように
わざとしてるようにも見える
おかはんの頭の中に居るキャラクターたちの
原色べた塗りの楽しそうなのと違う
おもてたんとちゃう
なんだか盛り下がっている
「ここなの?ここで合ってるの?」
看板はあるし、正面に書いてはあるが
不安だ、静かだ、
アニメという物から来る、高揚感が全く湧かないんですけど
開館時間30分前だからかもしれない
「中を覗いて見てくる」とトントントンと入り口に立ったら
グワンとドアが開いた
(おお、あいた)
振りかえると、自転車持って立ったままのとっつぁんが
手で、行け行け、をやってる
(うん、合点)
そーっと入ってみる
二番目のドアもすっと開いた
ちょっと覗きこんで、誰もいないのを確認して
抜き足差し脚忍び足で、昭和のコソ泥歩きで、
10歩くらい入って、大急ぎで戻ってくる
「結婚式場だったよ。ウエディングドレスが飾ってあった。
でも、やっぱりここでいいんだ。
結婚式場の上の階にアニメがあるって、小さい表示があった
それと、だばだがあった」
「だばだ?なんじゃそれ?」
「だばだ、知らないの?自分で見てこいよ
だばだーだばだーだばだーだよ」

自由が丘と田園調布をおのぼりさんが漕ぐ

第29たびする<8/19>のお残し
人のいる場所と居ない場所を体感するおのぼりさん


おのぼりさんは目パチクリで考えていた
自由が丘ってテレビで見たことある
芸能人とかセレブの御用達のお店なんて紹介されているよね
その自由が丘がここかい
とうとう来たぞ
ふううん、
そんなにオールオシャレでもない
オシャレなポイントって、とびとびか
目黒通りから狭い脇道、せまっ
人が多くてすごくごみごみしている
赤いバスが、そんな細い道やめといた方が良いんじゃなの
と教えてあげたくなるくらいの場所へ
駅前から人混みをかき分けて、強引に進入していく
すれすれ
ゆっくりだけどバスの後ろをのたのた走ると
自転車も乗りっぱで進める
道の端っこにへばりつくように避けている皆様ご苦労様です
おばはんに、おのぼりさんを上塗りしたおかはんは
おしゃれな場所なんぞ、もう来ることもないでしょう
生きているうちに目に焼き付けておこう
おしゃれなお店って外からじゃわからないけど
歩いている人は、みんな普通だよ



そのままうろうろ田園調布まで来た
おのぼりさんは田園調布をさっさかさっさか漕ぎながら
目パチクリで考えていた
田園調布は駅を中心にして、ほんとに放射線状だね
全く人がいない
とっつぁんが、一体どうしたんだろう
何かあったのかなあ、と不安そうに言った
ここ自転車で走ってもいいのかなあ、不安だ
クソ暑いから出歩かないんだろうか
出歩く必要もないんだろうか
うちんちの千葉のあたりは
どんなにクソ暑い時間でも
お買い物の人たちがいっぱい、あくせく歩いているよ
それに比べて
田園調布駅って映画のセットみたいだ
綺麗だし
気配がない
生活感がにじみ出てないし
東京って狭い範囲にぎゅうぎゅうに人が集まっているポイントと
全く人がいない、すかすかポイントがある


おかはんが、「匂いがないね」ととっつぁんに言ったら
とっつぁんが不思議な顔をした
どういうわけか、突然、思い出が、おかはんに飛来したの
垂水駅から家に帰る時
路地裏を繋ぎながら歩く
どの家からも、いかなごを炊いている匂いがしてくる
しょうゆとざらめの、あまくてしょうゆっからい、おいしそうな匂い
いかなごの匂いがビーズのネックレスみたいに繋がっているのを
手繰る感じで帰る
神戸の3月の匂いだ
どうして、それを思い出したんだろう、全然関係ないのに
路地もないし
生活のにおいが全くないのに。
住宅地を自転車で漕いでいて
干してある洗濯ものから、風に乗って良い匂いがしてくるってことも全然ない
一軒一軒広いんだよね、きっと
だから、そんなのありえないよね

どきどきおろおろ到達の杉並アニメーションミュージアム

新宿と中野の区境あたりのどでかい配水塔から
杉並の荻窪警察署をマークして
西に南にを繰り返しながら漕いでいると
朝9時なのに物凄い頭痛が襲ってきた
6時過ぎにスタートして、
見物ポイントで何回か自転車から離れたのに
おばはんはオーバーヒートした
「熱中症が来た、即刻ファミレスあったら入って」と訴えたが
ちょうどうまいこと避けて漕いでいるみたいで
早稲田通りでも見つからず
阿佐ヶ谷あたりで座り込んだわ
開店前のシャッターのおりた知らない店の前で体操座りよ
「もう帰るか」ととっつぁんが言うけど、帰るにも動けんがな
おかはんピーンチ。最大級
どうなることかと思ったけど
水分補給してヘルメットはずしただけで、5分くらいで復活した
楽しすぎて、水分補給忘れて、漕ぎすぎる
休憩すればええのよ、なんかおかしいと思ったらすぐ。ね。
無理しないようにしよ
しっかし、意外な復活力に自信。えっへんだわよ
考えてみたら、自転車漕ぎ始める前の夏は、
駅前のパン屋さんに歩いて行くだけで
御飯作れないくらいのダメージくらってた事もあったのに
体力ついたなあ




るんるんで反対車線側の荻窪警察危うく見逃すところ
少し行きすぎたけど
この付近にある杉並アニメーションミュージアムの場所に到着した
手塚治虫の企画展やってるってことと、無料だってこと
で、行くことにしたんだけど
ほんとに、ここ?という感じ
きっと、とっつぁんも、たぶん同じ感じ
二人して、何のすり合わせもしてないのに
宝塚市立手塚治虫記念館をイメージしてたんだと思う
なんか雰囲気が違う
外壁に、キャラクターのプレートはたくさん貼ってあるけど
入り口から覗いてみたら、結婚式場なんだけど、どうみても
フリーエリア
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム