プロフィール

おかはん

Author:おかはん
レンタサイクルか、My折りたたみ電動アシスト自転車オフタイムで
日本全国の地図塗りつぶし、全県全市郡完全走破を企んでいる
乳がんリンパ節転移無数12個で数えるのをやめたと言われ
5年経過後もホルモン療法中のみで自転車乗り
今好きな言葉
『志は高く目標は低く成るがまま』

挑戦中(残り)
㉛鹿児島(2市4郡)
㉜兵庫(18市8郡)
㉝北海道(16市48郡)
㉞熊本(2郡)
㉟福岡(11市4郡)

全市郡完全走破達成
㉚沖縄(2020.2)
㉙京都(2019.8)
㉘宮崎(2019.3)
㉗大阪(2018.12)
㉖和歌山(2018.10)
㉕福井(2018.5)
㉔石川(2017.11)
㉓岐阜(2017.11)
㉒奈良(2017.7)
㉑秋田(2017.6)
⑳山形(2017.6)
⑲滋賀(2016.11)
⑱富山(2016.10)
⑰宮城(2016.5)
⑯岩手(2016.5)
⑮青森(2016.5)
⑭三重(2016.2)
⑬愛知(2015.11)
⑫福島(2014.10)
⑪新潟(2014.9)
⑩長野(2014.9)
⑨静岡(2014.4)
⑧山梨(2013.10)
⑦群馬(2013.7)
⑥栃木(2013.5)
⑤茨城(2013.4)
④埼玉(2013.2)
③神奈川(2012.11)
②東京都(全市郡区2012.9)
①千葉(2012.5)

ご訪問カウンター
カテゴリ
夢 (9)

第32たびする中野区の江古田の野方配水塔

哲学堂公園の前で自転車の鍵はずしながら
次の目的地の相談
「ある筋の情報によりますと、国の登録有形文化財が
このすぐ近くにあるらしいよ」
何で、こんなもんが、こんなところにあるんじゃい
と、見た人がコメントするような建造物で
古くからの配水塔なんだと
ドカーンと周りより違和感出してて、でかいやつらしいよ
ウロウロして探そうか
と、おかはんが説明したら
とっつぁんが、選挙ポスターのように
遠くを指さして言った
「違和感ならあれじゃない?もう見えとる」
野球場のフェンス越しに、外国テイストのどでかいものが見えた
円柱の上にドームを乗せていた
「あらま、おそらく、ぴんぽーん」




第3たびするで巨大すいかを富里に探しに行ったとき
すいか模様のガスタンクで
遠くからは見えているのに
近づけば近づくほど、低い障害物でも見えなくなるという現象で
えーらい苦労した
この配水塔も、そんな感じで、瞬間的に
自分たちの方向性に自信がなくなりかけたこともあったが
どうにか大喧嘩にならずに真下に到着できた
今は災害用の給水槽なんだって
白くてでっかい塔だ。このような閑静な住宅地に、
いきなり何なんだろう、と言いたくなる
真下からみるとかなり迫力があった
ぴーち姫を幽閉するのにええ感じで使えるかもしれない
でも、あそこに幽閉されたら、助けるのに困るなあ
昇りにくいし、たいへんそう
と空想を巡らしていたら
「真下から写真とれないし、もう行く」と
さっさととっつぁんはスタートした




????
しかし、おかはんは疑問が残っている
ものすごくピンポイントな疑問ですけど
おかはんにとっては、江古田駅って練馬区にあるんだよね
たぶんみんなにとっても
この辺に張り付いていた地名表示は
中野区江古田となっていたのよ
すぐ近くに中野区のカントリーサインが道路にあったので
とっつぁんに聞いたら
道路を隔てて西落合で、新宿区の区境だって言うじゃない
あはーん?ぜんぜん練馬じゃないよね
なーんだ練馬じゃないの?江古田って
わけがわからん。ちょっとへんだよね
なんかもやもやする
どおでもいいようなことなのに、ひっかかっちまった
とりあえず、書いておいて、忘れよう!
野方配水塔は中野区の江古田にありました、とさ

第32たびする中野区の哲学堂公園でぱしぱし

今は昔のこと
京都の哲学の道を朝7~8時頃歩くと
空気が生まれ変わったばかりです、と澄んでいて
観光客が全くいなくて、犬の散歩などとすれ違いながら
のんびり歩く知らない人とにこりと会釈を交わす
途中に、西田幾太郎という大先生の哲学者さんの、
へたくそなおにぎりのようなかたちの歌碑があって
【人は人 吾はわれ也 とにかくに 吾行く道を 吾は行くなり】
を解読する
おばかの頂点におるおかはんだから、勝手な解釈をして
「うん。我が道を行こう。これでいいのだー。よしっ」
と頑張る気力をチャージする
のんきーなおばはん、吾は行くなり
<おにぎりの形がへたくそにしかできなくたっていいんだ―って
深いなー。と完全的外れな空想をしながら>




ついでに
第5たびするの葉山、鎌倉、江の島の漕ぎ漕ぎ中
道路脇に、西田幾太郎の終焉の地
というモニュメントを偶然に発見した
うっそー。何がうっそーてよく分からないけど嬉しかった
励ましてくれる人に繋がったから



ほんでもって
哲学堂って中野区立の公園だけど
哲学の道のような感じなのかなあ?
無料だしと行ってみることにした


007_convert_20120912113959.jpg

哲学堂公園の入り口でゴクリと唾を飲み込んで、二の足を踏む
哲学関と真理界って、アータ



自転車を入り口付近に停めると、ぴったし開園の時間だ
入り口わきに管理棟のような建物があって
2階までとことこ行って、哲学堂公園内のガイドマップを買った
200円なり
「ガイドマップくださーい」と入って言った時
「えっ?ああ、はいはい」と、買う人が少ないのを連想させる反応があった
拡げてみると、意味深な構造物や石碑がうんざりするほどあって、
いちいち全部の説明が親切にしてあった
<こういう表現やめなさいっつーの。自己反省>




マップの文字を読みながら、歩き始めて5mで立ち往生した
理外の理、俗心の死、
無理、無理、無理。もう読めない、拒絶反応
「ああ、あたしゃ、アホやから、ものすごいアホやから。
すんげーめんどくせー」
「だろ」ととっつぁんが言った。
偉い偉い哲学者の大先生が、
哲学や社会教育の場として創設されて、寄贈した公園なのに
「あたしゃ、哲学と屁理屈の区別もつかんわ。
こんなアホ、存在価値ないって言われとるみたいや」
おかはんは、ガイドマップを折り畳んで
ぱしぱし身体じゅうを叩き始める
また、藪蚊攻撃にいらついている
とっつぁんの分まで引き受けている集蚊灯のようなおかはん
ぱしぱし、ぱしぱし
「この公園、広くて、おもしろいね。
なんか変わった建物がたくさんあって、
訳のわからん言葉が刻まれた石もたくさんあって、
それに、このガイドマップ、しなり具合がちょっどええわ」
とぱしぱし、ぱしぱし
訳のわからない楽しさの散策は続いた
ぱしぱし

第32ああ勿体無いことをした輪っか輪っか坂

杉並区の和田堀公園スタート
6時過ぎ
善福寺川に沿って漕ぐ
とっつぁんがヘルメット忘れて引き返したので
ほっておいて、のんびり漕ぐ
途中の道で、たまたま木が覆いかぶさっているところがあって
首を縮めて通過しようとして
あっ、と気がついたみたいだ
ヘルメットがないと、いろんなものが脳天直撃するからね
車道を走るとき、後ろから来る車に
ヘルメットを認識してもらって
おおらかに接してもらおうという魂胆もあるし
やっぱり、取りに引き返すんだね
かなり時間かかるぞ
だから物凄くくねくねしている川沿いを呑気に漕ぐ
しかし、くねくねしているなあ
かぜの通り道なのか、涼しくて強い風が心地よい
どうにか川から離れないうちに、とっつぁんが必死で追いついてきた
基本東方向へ進んで、北に向かうを繰り返し、
高円寺
そのあと、中野駅に南から入る
車道に殆ど車が走っていなくて
予想外の人がまばらな中野駅。日曜日の朝
中野サンプラザ到着
さらに北に東にと進み
たき火の歌の場所へ
垣根のままの、そこだけ時代を守っているような風景から
さらに北上して、哲学堂公園へむかう
高田図書館から哲学堂に到着の直前に
よだれが出そうなわっかわっか坂を発見した




「とっつぁーん。まってーまってー降りないでー」
と言ったが無視された。知らん顔で下っていく
くそう。
「いい坂だなあ。この坂を上りたいのよ。ぜひとも」
と下りながら言っても無視された
くそくそ、聞こえてないのか
わっかわっかが地面に付いていて、おかはんにとって程よい長さの坂だ
人も車もぜんぜん通る気配なし、チャーンス
鋭い勾配やだらだらきつさの坂専門の若者自転車乗りなら、スルーだろう
特別自慢できるようなでもないし、名前もないような坂だ
だけど、こういうわっかわっか坂は、
電動アシストでひょひょいのひょいと上るのに、ちょーどええ
23区内のわっかわっか坂も、東京都全走破したら
今日が上り納めになるじゃないか
「ここ、ここ、一人で登ってくるー
写真撮ってほしいけどええわー」
と、言っているのに完全無視で
とっつぁんは、横断歩道を渡りきって向こうまで行ってしまった
まったくー
しゃーない、断念する





東京タワーの股の下寸前のわっかわっか坂を上った記憶が甦る
地面のわっかわっかが迫って来るような感覚を
ぐいぐいで乗り切る
もう一度味わいたかったのに
ああ勿体無いことをした
我が道を行く二人のたびするでは
我慢とあきらめ、そして忍耐
ってことも大事




そこまで楽しんで遊べるか「たき火の歌の発祥の地」

たき火だ落ち葉焚きの場所を特定するのに
少々意見の食い違いがあった
垣根が建物へのエントランスになっていて
その垣根が直角ではなく、角をへつった形になっている場所で
ちょうどここに違いないと、おかはんが主張して
ここ。ここ。ここ。と指で指してみせると
とっつぁんが、「そこだったら私有地の中でたき火しとることになる」
だから、おかしい。というのである
「あほ。とことんあほ。道路でたき火しちゃだめじゃん」
いっくら、昔でも、私有地内で燃やした方がリアリティがある
あたろうかあたろうよの相談しながら歩いてる人は、
そっちの道を歩いているのよ
おかはん、小声でがんばって主張
とっつぁんは、どうでもよくなったらしく無視した
くそう
たき火の歌の発祥の地では
たき火の定点は特定されていないみたいである
おっさんとおばはんが二人で特定する作業に、
重要性があったかどうかも、今となってはよくわからない
確実に言えることは、
あの歌、そのままの風景であったこと
懐かしい。と感じるのは、自分の子供の頃の風景ではなく
歌で空想した風景を思い出しているのだ
田舎暮らしのおかはんの子供の頃は、垣根の風景はなかったもん
在りのままを写実表現しているだけだから
表現力とか文才いらないじゃん
と言いたいところだけれど
あんな短い歌詞に
これだけの風景を空想させる威力があったのが
それが、びっくりだわ
ほんと、歌のまんま






しかし
なんでおかはんだけ藪蚊に食われるんだろうか
第29たびするの世田谷区の等々力渓谷で、
約20箇所食われてわかった、
東京23区内の藪蚊だからって、やっぱり当たり前にでかい
朝もはよから、自転車漕いできたせいで
汗びっしょり体温上昇だし
ちっともダイエットしてない高カロリーの食べ物を
たっぷり備蓄して出来上がった、おのぼりおばはんの血は
珍しくてうまいのか
ぷよぷよに肉体改造されているので、服の上からも挿しやすいのか
くそう。
次こそ、とっつぁんが食われろ。一人で全部食われろ。
23か所ぐらい。
と思う
服の上から、しっとりするほどかゆみ止めをしみこませて
自転車漕ぎのスタートじゃい

第32たびする「たき火の歌発祥の地」で藪蚊

第32たびするのメインイベント
中野区で「たき火の歌発祥の地を探す」
車がすれ違う事ができそうにないような道幅、全く普通の住宅地の中
静寂
ちらほらウオーキングの方はいらっしゃるが
早朝7時頃だからね
身振り手ぶりの会話で、しーっ、
ここ、こう曲がる、で、こう、しーっ。って感じで
やっと辿り着いた


003_convert_20120910110506.jpg


しかし、20代のうちのお子たちは、
たき火の歌を知っているのだろうか
歌ったことがなければ、興味もないだろうし
来ることがあるんだろうかと疑問が残るが
とりあえず、番地は記録しておこう【上高田3丁目26】付近
昔、しもやけお手てがもうかゆい。の、しもやけって何?
と聞かれて、説明がめんどくさかったという、
微かな記憶がある


006_convert_20120910110106.jpg


垣根の曲がり角って、きっとこの辺り
落ち葉焚きの真似をしてみる
とっつぁん、写真
はやく、はやく撮って―。藪蚊に咬まれておるー
うへー服の上からあちこち
もうかゆい。しもやけどころじゃない
それも、身振り手ぶりで
完全走破達成の県
千葉県一周は未完
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
弁天さん通信続編ロバちかっ 2020/08/09
弁天さんは旅してるのか恐竜の足跡 2020/08/09
せみの音が煩すぎるYouTube 2020/08/09
自転車漕いでヒマワリみつけた 2020/08/08
YouTube応援で湧き水② 2020/08/07
おかはんの悪だくみ 2020/08/07
ちょっと涼しさを感じるかもYouTube応援 2020/08/06
ぷらっちっく手袋が買えない 2020/08/06
また買い占めかあ 2020/08/05
大混乱の予感がして心配 2020/08/05
コインパーキングは突然に 2020/08/05
ヒーローが遅れてやってくる 2020/08/04
引きこもりから再起動して連日出動 2020/08/03
100 X 8 走る 2020/08/03
自転車乗る時用の水 2020/08/03
誕生日オンパレードの月 2020/08/02
全米最大級のガソリンスタンド 2020/08/02
引きこもり脱出して再起動 2020/08/02
管理画面でクリックできない悩みはこれで解決か? 2020/08/01
FC2ブログの管理画面が上手く作動してません 2020/08/01
検索フォーム