プロフィール

おかはん

Author:おかはん
電動アシスト自転車で、日本全国の地図塗りつぶし、全県全市郡完全走破を企んでいる
乳がんホルモン療法中で自転車乗り
今好きな言葉
『志は高く目標は低く成るがまま』

挑戦中(残り)
㉚鹿児島(18市7郡)
㉙京都(14市5郡)
㉘大阪(33市4郡)
㉗北海道(27市61郡)
㉖沖縄(1市1郡)
㉕和歌山(8市5郡)

全市郡完全走破達成
㉔石川(2017.11)
㉓岐阜(2017.11)
㉒奈良(2017.7)
㉑秋田(2017.6)
⑳山形(2017.6)
⑲滋賀(2016.11)
⑱富山(2016.10)
⑰宮城(2016.5)
⑯岩手(2016.5)
⑮青森(2016.5)
⑭三重(2016.2)
⑬愛知(2015.11)
⑫福島(2014.10)
⑪新潟(2014.9)
⑩長野(2014.9)
⑨静岡(2014.4)
⑧山梨(2013.10)
⑦群馬(2013.7)
⑥栃木(2013.5)
⑤茨城(2013.4)
④埼玉(2013.2)
③神奈川(2012.11)
②東京都(全市郡区2012.9)
①千葉(2012.5)

カウンター
カテゴリ
夢 (9)

乳がん術後の治療費とかこんな感じ

3か月ごとの乳がんの定期検査の報告

2月2日
今まで詳しいことを書いたことがないのですが
ここで報告してみます

3ヵ月ごとの検査と言っても、いつもメニューが違います
血液検査で腫瘍マーカーなどもわかるようですが
頻繁にはやりません

今回は

①腹部エコー検査

ちなみに次回は腹部単純CT検査なんだけど
どう違うのか、よくわかりませんが

小さなポリープはあるが育ってないので、異常なし

②骨密度検査

ちなみに骨粗鬆症とは、若年成人の平均値の70%以下
70~80%は骨量減少
80%以上が正常のようで
骨粗鬆症は、乳がんを抑える薬の副作用のようです

2016・4月
大腿骨78%、腰椎71%

2017・8月
大腿骨66%、腰椎72%

ここから、半年ごとに骨粗鬆症の治療の注射をすることになって
この注射が、3割負担でも9000円もする痛~い皮下注射なんだな~
これから先6か月ごとに、ずーっとやらなければなりません

2018・2月本日
大腿骨67%、腰椎74%
注射をし始めてほんの少し好転していますが
相変わらず大腿骨は要注意です

「自転車で転ぶ時、ここ、気を付けて」
「それは無理です。転ばないようにします」
3年間も再発しなかったし、このくらいならいいじゃんと思うですけど
何かにつけ、油断しては駄目だって
先生は言うんですよ

③お高い骨粗鬆症の皮下注射しました

④3か月分の乳がんを抑えるホルモン剤を90錠出してもらって

病院で1万2千円(いつもなら3千円くらい)
薬局で8千円
本日は2万円支払いです

へ~え、って感じでしょ

旅する体重計

今飲んでいる薬が、体重増加になる傾向があり
それが再発転移のリスクを高める
というので
朝晩体重計に乗っかって気を付けていたのですが

文字が見えづらかったので
今までの体重計はとっつぁん用にして
体重計
約3か月前に通販で買った体重計なんです

これがすんごく気に入りまして

とても小さく、置いておいてじゃまにならない
軽くて持ち運びが便利
デジタル表示で、このばばあでも見え易い
100g単位で
何といっても安い、送料税込みで1090円

ところが、このあいだから急にエラーが出るようになりまして
ボタン電池を変えても直りません

どうしようかなあ~と迷いましたが
小さかったんで邪魔にならなかったのか
空き箱がありまして、その中に通販の納品書と保証書がはいっていまして

とりあえず、メーカーさんに電話したら
快く対応していただいて、着払いで送るように。とのこと
保証期間が1年間もあったらしく
その後1週間も経たないうちに
点検の結果報告書と、新しい体重計が届きました

いやはや、なんだか、もうしわけないくらいで
こんなにお値引きした価格なのに、
こういう対応してもらったら、儲けも出ないじゃん

でも、この体重計が大好きなので
また使えるようになって良かった、
それは良かったんですが、、、、、

久しぶりに体重に乗ってみたら

え、なんだこれ、アタシの体重か?
新品だもん、正確だよね。
ぎゃふーーーん

体重計が旅して、新しくなって戻ってくる間に
体重増加の
ショーーーーック

とっつぁんが、「やっぱりか」と言いました

定期検査クリア

今日は、治療開始から3年
術後2年6ヵ月
血液検査、胸部超音波検査の定期検査で
異常なしだった
安心

お医者さんは、
小さい文字を見る時、眼鏡を上げるので
おかはんより、ちょっとだけ年下くらいだと思うんだけど

そんなおっさんのお医者さんは、自転車乗りでもあるのだが
最近はもっぱら登山をやっているんだそうで
この前は剣岳に登って
すんごいたくさん写真を撮ったからと、写真を見せようとした
そして「あ、ここに置いてあったのに、今ない、残念」と言った
(見たかったなあ~残念やなあ~)

そのかわりに、「こんなに日焼けした」と腕を見せて自慢した
実に面白いおっさんである
素晴らしい雰囲気づくりの名医のおっさんである

次は「そんなにたいしたことないけど
富士山の前の川口湖の三つ峠に登る」んだとか
「有り余ってますねえ」と言ったら
「そう。そんな感じ」だって

深刻な話をしなくて良い定期検査は、とてもゆるくて
助かる~
こんな定期検査が毎回いつまでも続きますようにと思う

生存率の起点はいつ?感謝の言葉

5年生存率とか10年生存率とか
ネットで見ると、そこそこ数値が出ていますけど
ところで、その生存率の起点はいつなんでしょうかねえ?

ガンになった日から?
そんなことわかりません。
知らないうちになってましたんですからねえ

告知を受けた日?
まあ、自分としては、人生がちゃぶ台返しされたほど驚いた日なので
すんごいターニングポイントですけど
それって、生存率にあまり関係が無いように感じますけど

手術を受けた日?
でも、おかはんの場合は、
切り口にがんがあったということなので、
完全に取り切れていないので、
ガンが無くなった日ではありませんしねえ

ところで、生存率って
がんのステージによってかなり違ったりするんですけど
おかはん、自分のステージを知らないんですよ
先生も言わなかったし、おかはんも聞かなかったし
だから、起点がわかっても
自分の生存率はわからないのですよ

だいたい、こんな感じなのか~、と
他人事のように生存率の数値を見ているだけで
生存率に縛られずに生きて行くってのも
自由でいいかなあと思って

そういえば、どこかに
5年生存率とは、「がんの治療開始から5年後に、再発していようがいまいが生存している人の割合」
のことをいいます。

とでていましたよ

ああ、それじゃあ、
おかはんの場合は
術前化学療法で、手術の前に抗がん剤を入れたので
最初に抗がん剤を点滴した日が起点でしょうかねえ?
抗がん剤を6か月やって、その後手術しました
取り切れていないけど
放射線治療もやって
飲み薬で再発を抑えているという状態ですから
・・・となると、
おかはんの生存率の起点、つまりがんの治療開始は
ちょうど3年前の今日です

3年間無事生存しました

一人の生存率のデータが、治療の指針に役立つ事もあると思いますが
個人的には
3年間無事生存しました
ということなので
それを記念しまして

節目節目に、感謝の言葉を言わないと
言わずじまいになりますから

3年間
いろんな形で支えてくれた周りの皆様
ありがとうございます

ブログで励ましてくださったり、気にかけてくださった皆様
ほんとうにありがとうござます

わがままを許してくれた家族
ありがとうやで

これからも
また1年無事にすごせますように
明るく頑張ります

防寒対策ステップ1

昨日はあまりにも寒かったので
寝袋

昨日心療内科へ行ったら、お客さんが
患者さんが、
おかはんのいる間、前に一人、後ろに一人、
驚異のガラガラ状態でした

ちなみに、おかはんはガン患者なので
頑張り過ぎないように
睡眠導入剤や精神安定剤を頓服として出してもらってます

薬局に行ったら、
薬剤師さんにも「ほかに何人かいらっしゃいましたか?」と
聞かれました
「どうしたんでしょうかねえ~?少ないですねえ」
「寒いからですかねえ」

おかはんは、寒くても
薬が無くなる方が不安なので行きましたけど・・・・

で、家に帰っても、寒くて、寒くて
足の甲に氷が乗っていると感じるくらいの冷え性だし
とっつぁんがいない一人の時、暖房つけるのも勿体ないし
ってんで

防寒対策ステップ1

とっつぁんが若い頃に買った寝袋
昔の寝袋なので、どうにもこうにも小さくならなくて
リュック1個分くらいの大きさなので
使えないやつ

おかはんの定位置の席に置きまして
この中にすっぽり入るのだ

暖か~い

ただ、ここに入ってしまうと
最強の誘惑で
何かあっても、ここから出るのが

超めんどくせーーーーー
フリーエリア
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム