プロフィール

おかはん

Author:おかはん
電動アシスト自転車で、日本全国の地図塗りつぶし、全県全市郡完全走破を企んでいる
乳がんホルモン療法中で自転車乗り
今好きな言葉
『志は高く目標は低く成るがまま』

挑戦中(残り)
㉙石川県(3市1郡)
㉘京都(14市5郡)
㉗大阪(33市4郡)
㉖北海道(30市63郡)
㉕沖縄(2市2郡)
㉔岐阜(2市)
㉓和歌山(8市5郡)

全市郡完全走破達成
㉒奈良(2017.7)
㉑秋田(2017.6)
⑳山形(2017.6)
⑲滋賀(2016.11)
⑱富山(2016.10)
⑰宮城(2016.5)
⑯岩手(2016.5)
⑮青森(2016.5)
⑭三重(2016.2)
⑬愛知(2015.11)
⑫福島(2014.10)
⑪新潟(2014.9)
⑩長野(2014.9)
⑨静岡(2014.4)
⑧山梨(2013.10)
⑦群馬(2013.7)
⑥栃木(2013.5)
⑤茨城(2013.4)
④埼玉(2013.2)
③神奈川(2012.11)
②東京都(全市郡区2012.9)
①千葉(2012.5)

カウンター
カテゴリ
夢 (9)

ヘルスメーターが壊れたと思って

紹介します

昨日ネットで注文したら、さっき届いたんですけど
一発でお気に入りになったヘルスメーターちゃんです

ノートパソコン上にヘルスメーターを乗っけると
かなり小さい
体重計
真の体重が表示されないように、出荷時のシールを貼って
乗ってます
体重計

やっぱ、ヘルスメーターって必需品なんですよ
おかはん、乳がんホルモン療法中なので
気を付けないと体重増加しやすく
それって再発率、死亡率が高まるそうでなんですよ
たいへん

だからおかはん、長い時間をかけて
標準体重+1kgまで体重を減らしていきまして
ウハウハしてしまって
こういう時って油断するんですよね
人間だもの

さらに最近骨粗鬆症と診断されてしまったので
牛乳、ヨーグルトなどを毎食後、コップ1杯分追加で飲んだりもし出して
ま、それは言い訳ですが

急にぐぐっと体重が増えたので、驚いちゃって
「うそやろ?!
あんだけ苦労して、カロリー考えながら食事して
ちょっとずづ、ちょっとずつ、体重が減って来て
やっと目標体重間近になったと思ったら
一瞬でもともとの体重に戻るどころか、大幅に超えておるではないか
こんなの納得が行かんわ
ヘルスメーター壊れたんかもしれんわ!!
古い体重計は、ものすごく古いので、バカになったんかもしれんわ」

と考えて、ネットで1000円のヘルスメータを注文したんだけど

ま、おそらく想像は付いていたと思うけど
古い体重計も、新しいコンパクトヘルスメーターも、
同じ体重を表示していましたわ

でも、これ買ってよかったです
おかはん専用にできるし
すごくコンパクトで、ティッシュの箱くらいの大きさだから
あっちこっちに持って行けるし
置き場所にも困らず、つまずかなくなるだろうし
100g単位だからね

これを買う時、口コミを見たら
旅先に持って行くという人がいて
うん、体重を測ればバイキングの戒めになるかも

コンパクトなので海外に持って行くという人がいて
スーツケースの重量オーバーのチェックもできないことはないかも

それに、おバカといって悪いことをした古い体重計は
スイッチを入れないといけなくて、文字が見えづらかったけど
この新しい子は、乗っただけでスイッチが入って
見易い字を表示してくれて
しばらくしたらスイッチが自動で切れてくれます
かしこいわ~

ああ、世の中、進歩しているんだなあ~
綿菓子も進化しているけど、ヘルスメーターも進化しているなあ
とババアは思うのでして

ただ、デメリットの口コミが面白くて
コンパクトすぎて、乗るのが大変で
グラグラ安定しないってさ

面白いって言って、申し訳なしんぐですけど

確かに、この子は、かなり小さいのですが
ヘルスメーターが小さすぎて、乗れない人っつうのを見てみたくて
とっつぁんが今日帰ってきたら、乗せてみようと思います
ちゃんと、乗れるかな??
さらにお腹が邪魔にならずに、表示を一人で読み取れるかしら
楽しみ!

乳がん治療で昨日から自分にできること

現在の乳がん治療

乳がんを抑制する飲み薬アナストロゾールを毎日1錠飲んでいると

薬の副作用で、骨粗鬆症になった

骨粗鬆症の治療のため、6か月ごとにプラリアという皮下注射をすることになった

プラリアの注射をしたら
たまに血液中にカルシウムがすごく多くでて来てしまう人がいるというので
昨日血液検査をしに行ったら、大丈夫で
これでこのまま続行

医師からの言葉「自転車で転ばないようにね」

今自分にできることは、
自転車で転ばないようにすることであーる

本日の検査で乳がん治療が進展

自転車の旅ブログなのに、私的に利用しています

バラバラに住んでいる家族への
乳がん治療の進展に関する
ほう、れん、そう、、、報告連絡そうなのよ~、、、です
相談することはないし

本日定期検査日でした
ホルモン治療の薬をこれからの分、90日分貰って帰りました
乳がん
1日1錠飲むだけ
これで乳がんの進行を抑えています

(抗ガン剤治療開始2年10か月)
術後2年3か月になりますが
本日の検査は、
腹部超音波検査と
放射線特殊撮影で骨密度測定でした

腹部エコーは問題なしでしたが
骨密度に新たなる展開です

前回の骨密度の検査は2016.04
あれから1年3ヵ月たっていまして

骨密度の測定は、腰椎と大腿骨の2カ所で

まず、腰椎は、前回より、+0.7%
わずかに増加していて
若年成人の平均と比較すると72%です

大腿骨が問題で、前回より-2.3%
わずかに減少していて
若年成人の平均と比較すると66.1%でした

とうとう、骨粗しょう症ゾーンに入ってしまいました

先生は、「骨折しやすくなるので、自転車で転倒したりしたとき、
予想もしないところが骨折すると心配だしねえ」と言われました
「自転車で行きたいところ、まだまだあります」
とおかはんが言うと
「でしょー」って先生

で、これから骨粗しょう症の治療を開始することになりました
半年ごとに、プラリアという皮下注射をします

先生が、
「これ半年ごとだから、みんなで覚えてないといけないんですよ。
みんなで。
だから、メモもしておかないとね。」と言って
マーカーで、何かの紙に、印を付けまくっていました
たぶんおかはんのこれからの治療計画的な紙かもしれません

「みんなで、覚えてないといけないんですか?」と
おかはんが、もう一度聞くと
「そ、みんなで覚えておきます」
「みんなで?!」とおかはん
「みんなで!」と先生
そして、ふふふふと、二人で笑いました

なんだかなあ~
おかはん、ひとりぼっちじゃないような、心強い気持ちになれました。
おかはんのことを、みんなが覚えていてくれている、、、
どういうわけだか、うれしいです

さっそく初めてその皮下注射して帰って来ました
看護師さんの雰囲気づくりが、とっても上手だったので
緊張もすっかりほぐれて終了しまして
痛い皮下注射も、これからも難なく続けられそうです

「この注射痛いですか?」「痛いですよ」
「え、痛いとき痛いって言って良いですか?」「いいですよ」
ぷす
「・・・・」「今三分の一入りましたよ」
「・・・・」「今一番痛いときですよ」
「大丈夫です、これなら・・・・いえ、いったあーーーー」「はい、おわりました」
「あーそれほどでもなかった、大丈夫だったです」
はははは、はははは
こんな感じ

おかはんは、元気です

あ、そだ、念のために
「これって、骨転移とかじゃあ??」とおかはんが言うと
先生は笑って、それじゃないって説明してくれました

どういう内容かというと
今の飲み薬は、エビデンスがどうとかで、
とにかくよく効く薬なので、
おかはんにとっては一番良い薬みたいなんですけど
副作用的なもので、骨粗鬆症というのが
飲まない人よりも早くでてくるんだそうです
それに気を付けながら、今の薬を続けていくというのが
おかはんの乳がん治療の方向みたいです

それと、最高に安心なのは
先生が、おかはんの気持ちを最大限に分かってくれているということです

自転車に乗りたいってこと、わかって貰えている
こういう先生に診て貰えて幸せですわ~

乳がんの再発転移が怖くなくなった日

たまには、乳がんについて書きます
(当初の自転車ブログから、どんどん趣旨が変わっていますが
それも途中で発覚したので
流れのままでいいじゃないかと思っています)

最近は乳がんブログのブームのせいなのか
他の方のそれに関するブログを、時々見ることがあります
皆さん、自分の乳がんのタイプやレベルを事細かくご存じで
驚きます

おかはん、何も知らんし
ステージすら聞いてないし

ただ、ホルモンが効くタイプでらしいので
毎日1錠ホルモン剤を飲んでいるだけです

手術後に先生が言ったのは
手術してみたら、切り口にあったとかどうだったとか、そんな感じで
リンパ節転移が12個で、それ以上数えるのをやめた
って
「あ、じゃあ、身体中に種まきしちゃってますね」「そういうこと」
「5年くらいで転移しますかねえ」「5ねんどころか2~3年」
そう言う会話をしただけです

3か月ごとの検査では、
「変わりないです」と言われたあと
いつも、自転車でどこを走りに行ったとか
先生が話したり、おかはんが話したりしています
先生は自転車乗りのおじさんなので。

検査の日に血液検査をして、腫瘍マーカーがでているはずなんですが
先生はいつも
「結果はすぐには分からないから、あとでチェックしておくね」
と毎回言って、それっきりです
数値を聞いたことは一度もありません

なんかあったら言われるでしょ、と思っています

それでも一番嫌なのは、検査の日で、
再発転移を告げられたらどうしよう。と
もうドキドキだったんですよ

出された薬が少なくなると、検査の日が近づいてくるなあ
あー嫌だなあ
悪い結果は聞きたくないなあ
と逃げたくなる気持ちなんですよ
これ、同じ病気あるある、だと思うんですけど

でも最近、考えるようになったことがあります

おかはんのがんって、身体の中からは消えないと思うんですよ
たぶん、今、なだらか~に、なだらか~に増えようとしていて、
それをホルモン剤でなだらかさを保っているんだと思うんですよ

その途中に、再発があっても、転移があっても
急にぶはっ!て変わるわけじゃなくて、
なだらか~の途中の1箇所なので
その時は、
そこから新たな治療を開始したり、今まで通りで行ったり
なだらか~に、なだらか~に、のカーブを保てるように
先生が、いろいろな手法を考えてくれるんじゃないかな

ってことなんですよ

今も、なだらか~に大きくなっている、ということを
受け入れてしまうことです

とっつぁんは、
「再発転移したら、どうしよう。どうしよう。と
悩む時間がもったいないから、
その時間に楽しいことを考えるべき。
再発転移したときに初めて、考えればいいじゃん。」
といつも言ってましたけど、
それって、案外難しいです

最初の告知より、再発の方がショックだったと
そう言う体験談をテレビで言っている人がいましたし

いきなり一歩大きく、死に近づいた感じがするじゃないですか

何もないゼロから一気に近づいたと思うと
ショックですけど

ちょっとずつ進んでいたかもしれないけど
これからもちょっとずつ進むようにする

そういうことだと考えるようになったんですよ

ふと過る不安から解放されて
ほんのちょっとしたことで、軽い気持ちになれたら
それでいいんじゃないかと思います

検査クリア

抗ガン剤治療開始2年7か月
(術後2年)
いろいろ検査をしましたけど
転移はありませんでした

いつも、ドキドキなんですよ
この日が一番嫌いな日なんですわ
フリーエリア
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム