プロフィール

おかはん

Author:おかはん
電動アシスト自転車で、日本全国の地図塗りつぶし、全県全市郡完全走破を企んでいる
乳がんホルモン療法中で自転車乗り
今好きな言葉
『志は高く目標は低く成るがまま』

挑戦中(残り)
㉙石川県(3市1郡)
㉘京都(14市5郡)
㉗大阪(33市4郡)
㉖北海道(30市63郡)
㉕沖縄(2市2郡)
㉔岐阜(2市)
㉓和歌山(8市5郡)

全市郡完全走破達成
㉒奈良(2017.7)
㉑秋田(2017.6)
⑳山形(2017.6)
⑲滋賀(2016.11)
⑱富山(2016.10)
⑰宮城(2016.5)
⑯岩手(2016.5)
⑮青森(2016.5)
⑭三重(2016.2)
⑬愛知(2015.11)
⑫福島(2014.10)
⑪新潟(2014.9)
⑩長野(2014.9)
⑨静岡(2014.4)
⑧山梨(2013.10)
⑦群馬(2013.7)
⑥栃木(2013.5)
⑤茨城(2013.4)
④埼玉(2013.2)
③神奈川(2012.11)
②東京都(全市郡区2012.9)
①千葉(2012.5)

カウンター
カテゴリ
夢 (9)

将来の夢は日本一周自転車乗りの無料宿泊所

今までの将来の夢は、
電動アシスト自転車で
日本全国の全県の全市郡を塗りつぶす旅をして
とっつぁんの定年退職後は、故郷に帰ってサイクルカフェをする。
というものでしたが


おそらく、定年退職まで生き延びても、病気の再発は覚悟の上だし
サイクルカフェの立ち上げと
それを持続していく体力に自信がない


ならば、と考えた


定年退職後に暮らす、故郷のとっつぁんの家の横には、
離れがあって、トイレもあって、井戸水も出る
その離れを、
日本一周自転車乗りの無料宿泊所に使ってもらう。
ってのはどうだろう?


この間のドライブで、そう言ってみたら
みんなが、いいじゃん、いいじゃん
と賛成してくれた


おかはんは、たびするの途中で
何回か、大荷物の自転車乗りと擦れ違いながら、会話をした事がある
「日本一周ですかー」
「はーい、そうでーす」
「がんんばってー」
「ありがとー」
楽しそうだなあ、と思った

あんな人たちが
一泊分でも、宿代が節約できて
野宿の公園のベンチの下なんかで、雨宿りしないで済むといいなあ
と思って


民宿にして世話するなんてできないから
無料だから、好きに泊まっていってよ
屋根のある場所を提供するだけだよ
ってのを、やりたいんだ


場所は、しまなみ海道の近くの瀬戸内の幹線道路からすぐ入った辺りだから
利用してもらえると思うんだ


でも、いろいろ問題はありそうだなあ

日本一周などの長距離の自転車乗りだけに限定とか
たくさんは泊められないから、事前に確認の連絡くれないとだめとか
近所に迷惑がかからないような、お互いの安全性確保とか


いろいろ問題はある

まだ5年以上先なので、ゆっくり考えようと思う

気晴らしが必要なんだと

弁天さんが初心者マーク運転者なので
今日は練習ドライブの日

気晴らしが必要だから、綺麗な景色を見に行こうとか
自動車に乗って寝ているのも、家で寝てるのも一緒だからとか
そんなこんなで
おかはんも、連れて行かれて
んけくんも連れて4人で気晴らししてきた

んんちゃんも居たらよかった

田子の浦ゆの句碑

最初は完全に雲に隠れていた富士山が
顔を出した
自転車に乗って田子の浦を走る人をいっぱい見た
いいなあ

さつた峠に移動
019_convert_20141116164558.jpg
富士山はすっかり見えるようになっていた

富士山と手前の山の間に
真横に2分割するような、雲がたなびいていて
地元のおじさまが、今日は珍しいよ。と教えてくれたので
4人で、すんごいテンションが上がった

無人販売の、みかん4個100円を、
勢いで3袋も買った
ほんと、おいしかったので、良かった

023_convert_20141116163133.jpg
富士山と駿河湾
広重が画いた絵の場所のさった峠
028_convert_20141116163210.jpg

その後、広重美術館へ
030_convert_20141116163307.jpg
おかはん、早くつるっぱげになりたい
と言って
広重の顔はめ写真を撮った

後で、おかはんの頭のお披露目会をしたら
3人が、よってたかって、ふむふむと眺めた
「ほんとに言ったとおりだったねえ、1週間でごっそり」
「写真とっておこうか」
「まだ残っているから、もっと行ってからがいいだろ」
「いつごろ、どんな風に生えて来るんだろうか」
おかはんに似て、やっぱり興味津々だわ

おかはんは、いつものように、へろへろだったけど
ちくちくも、全く忘れて
すごく楽しかった

ガケ書房からのオマケの争奪戦

遠方販売の注文をしたら
翌日CDが届いた

すこぶる良し


オマケで入っていたのが
10月26日の10日前に既に終わった
左京ワンダーランドのスタンプラリーのマップである
ガケのスタンプが押してある


このオマケの重要度は、うちの家族にしか理解できないだろうが


イベント中なら
この1枚の紙は、
左京区の80店の店で、何かを買えば必ず
その店のスタンプを押したのが貰える


でも
おかはんと、んけくんと、弁天さんは
参加できないので、手に入れることが出来ない


おかはんは、
んんちゃんからのプレゼントと一緒に
んんちゃんが手に入れた1枚を入れていてくれたので
貰った本のブックカバーにして
ときどき外して、拡げて見たりしている


さあ、ここで
ガケの小荷物から出てきた1枚の、
とっくに終わってしまった左京ワンダーランドの
スタンプラリーのマップ


弁天さんと、んけクンに報告したら
自分が欲しい、欲しい、ほしーい、と
どんなに欲しいか、それぞれ訴える


で結局


いつも、発想が出てこなくて行き詰った時には
左京区を彷徨って
大きな閃きの成果を得て帰ってくる
という経験を
何度か繰り返してきたんけくんが
このマップを、自分の発想ノートのブックカバーにする
発想が出なくなったら、拡げて見る
と言ったので


んけクンの所有物に決定。で落ち着いた


とっくに終わってしまった左京ワンダーランドの
スタンプラリーのマップで
こんなに、すったもんだかあった
ってこと


誰も知る由もない

7%を登っているとこ。で通じた

追試みたいな、血液検査に行ってきた
自力で、ホンノちょっとだけ数値が回復したみたい
底を突いたと言う事らしく
先生が、「これで安心」と言った

「で、この間と比べて、どお?」と聞いたので

「7%登ってます」と答えた
前回は5%だったからね

「けっこう、しんどいな」
とそれだけで通じた感じ
それが、妙に面白い

自転車乗りの感覚、ロードの先生とは違うけど
この表現で、言える

へろへろだけど
ゆっくり登れば、まだまだ行けるわ
予定通りのスケジュールで行く事になった


MRIの恐怖心を助けてくれたガケ書房の宣伝

ガケ書房はすんごく面白い店です
どこにも無い面白さの書店です
かけがえのない空間です

と、ご恩返しのため宣伝しておこ

なんのご恩かって

闘病開始で何が一番嫌だったかと言うと
告知よりも、その前のMRI検査

筒の中に入って、じーっとしていないといけないんだ
じーっとして居られない人間なのに
5mm単位で輪切り映像を撮るとか
そんな感じなんだ
承諾書みたいなのにサインするのが、逆に、こわっ

で、とにかく、すごい音なんだって

道路工事の脇に寝ているような騒音だし
とても孤独
閉所恐怖症じゃなくても、恐い


一回経験すれば、今はどってことないけど
その時は凄く恐くて
その日が来るまで、嫌で嫌で嫌で


自分のCDを、ヘッドホンをしてそこから流してもらえるというので
ガケのCDを持って行った

それでも、工事現場だったけど
曲はずっと聞こえていたので
ガケの店の中を想像していたら
あっという間に終わった

ガケの力は凄い

そんなガケですから
ガケがお勧めするCDは
どれもじわーと入って来そうで
心が休まりそうで
面白そうで
力が湧きそうで
そんな予感がする


そこで、ここんとこ、のんびりしすぎて
新しいCDが欲しくなってきたので
ガケの遠方販売から、注文したら
朝9時前の注文メールで
12時過ぎに発送完了のメールが返って来た
はやっ


ありがたいです
ほんと
また、がんばれそうです


フリーエリア
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム