プロフィール

おかはん

Author:おかはん
レンタサイクルか、My折りたたみ電動アシスト自転車オフタイムで
日本全国の地図塗りつぶし、全県全市郡完全走破を企んでいる
乳がんホルモン療法中で自転車乗り
今好きな言葉
『志は高く目標は低く成るがまま』

挑戦中(残り)
㉖京都(12市4郡)
㉗大阪(33市4郡)
㉘北海道(24市55郡)
㉙和歌山(4市1郡)

到達難易度高く
定年退職後まで封印決定
㉚鹿児島(14市7郡)
㉛沖縄(1市1郡)

全市郡完全走破達成
㉕福井(2018.5)
㉔石川(2017.11)
㉓岐阜(2017.11)
㉒奈良(2017.7)
㉑秋田(2017.6)
⑳山形(2017.6)
⑲滋賀(2016.11)
⑱富山(2016.10)
⑰宮城(2016.5)
⑯岩手(2016.5)
⑮青森(2016.5)
⑭三重(2016.2)
⑬愛知(2015.11)
⑫福島(2014.10)
⑪新潟(2014.9)
⑩長野(2014.9)
⑨静岡(2014.4)
⑧山梨(2013.10)
⑦群馬(2013.7)
⑥栃木(2013.5)
⑤茨城(2013.4)
④埼玉(2013.2)
③神奈川(2012.11)
②東京都(全市郡区2012.9)
①千葉(2012.5)

カウンター
カテゴリ
夢 (9)

第250大切なおじさんと出会う

9月22日(土)二日目
第250たびする終了して
この日から、宮崎市の同じところに3泊しましたが

おかはんが全国走破を始めるきっかけになった
大切なおじさんと出会ったので
うれしくなって、ツーショット撮影
「おかげさまで、頑張ってますよー、おじさん」
宮崎市
どういうわけだか、翌日もこの前を通ったのでツーショット
宮崎市
その翌日も、またまた前を通りましたので、
「会社の人にお土産買ったよー」とツーショット
宮崎市

このおじさんが、どうしておかはんの旅するに影響したかというと
全国走破をしたいなんて、夢のような事を言っている段階の時
弁天さんが、教えてくれたのです
「カーネルサンダーおじさんは、60歳を過ぎてから
ケンタッキーフライドチキンの1号店を作ったんよ
それが全世界に広まったわけで
何かを始める時、遅いって事は断じてないのよ
人間は、何歳からだって、新しいことを始められるのだ
だから、日本全国塗りつぶし完全走破だってなんだって
カーネルおじさんのように、やりなはれー」

「そうか、カーネルおじさんはすんごいことできたし
おかはん、全国走破ぐらいだったら、ばあさんでもできるかもしれん
頑張る!!」
という流れになったんですわ

弁天さんは、カーネルおじさんの話で
いつもたくさんの人を励ましているみたいで
「何歳からでも、やり直すことができる、諦めちゃダメ」とか
「何歳からでも、やりたいことがあれば、新しい事にチャレンジできる」とか
言って
カーネルおじさんが大好きなんですわ
(フライドチキンは、そんなに食べないかも、、、おかはんも、、、、すんまそん)

おかはんは、カーネルおじさんを見ると、
すんごいやる気が出るんですわ

第250②折り返し地点でがっくーん

9月22日(土)二日目
第250たびする後半
鹿児島県志布志市➡曽於郡大崎町➡志布志市

くにの松原で折り返しです
ここで、レンタサイクルの交換をすることにしました

おかはんは、これより無料のレンタサイクル
「ぎょー、変速機無しだったんかーい、がっくーん」
志布志市
でもブリジストンの自転車だったので、頗る快調
とっつぁんが、タイヤに空気を入れたり、調整してくれたので、
めちゃめちゃ気持ち良く走れました
「これで、無料かーい、らっきー」

とっつぁんは、パナの電動アシスト自転車、500円
志布志市
おかはんは、「バッテリーまるまる残しといたよ」と言って渡してやりました

志布志市に入って、ゴールです
志布志市

とっつぁんは、バッテリーが余りまくっていたので
最後まで最強にしていたそうで、
「漕いでいる気がしなかった」と言ってゴールしていましたわ

第250②志布志市から曽於郡大崎町

9月22日(土)二日目
第250たびする後半
鹿児島県志布志市から

めちゃめちゃ暑いです
どこかで32度越えるって予報があったけど
かなりじりじりです

とっつぁんは、自転車のタイヤの空気が甘すぎる、と
リュックからコンパクト空気入れを出して
汗だくで空気注入です
陰が無くって、ペットボトル2本持ちも、どんどんなくなります
志布志市
おかはんは暇なので回りを見ていると
「あっら~、なんでここ、広すぎるくらい道路が広いんやろ?
高層の建物が全然ない町で、、、、
あ、ひょっとして、ここ、駅からまっすくの道だし、
3つの路線が乗り入れていた鉄道線路の跡地かも」



公園の前で空気を入れていたので、入って見ると
志布志市
「ここ、転車台だったんじゃない??
おもしろ~」
この公園のさきのほうには、蒸気機関車とキハ○○の展示もありましたわ

曽於郡大崎町ゲット
志布志市
「前髪、切りなさいよ」とか言っています

あまりにもまっすぐな広い歩道を漕いでおりますと
くにの松原の入り口です
志布志市

志布志湾に出てみると
志布志市
あっちが大隅半島か??
コンパスで調べていますが、よおわからん
志布志市
ものすごく湾曲しているながーい砂浜でした
この松林の内側を、ずっと漕いできたのか、、、、
長かったはずですわ

第250②志布志市、志布志町、志布志

9月22日(土)二日目
第250たびする後半
鹿児島県志布志市・曽於郡大崎町ゲット

レンタサイクルをやっているところって、とても少ないのに
ちょうど宮崎県の南端の串間市の隣りで
そこから1時間弱で行けるところに、
レンタサイクルがあるという情報があったので
宮崎県から鹿児島県に移動して
午後から志布志市をゲットしておくことになりました

観光案内所で、志布志がたくさんついている看板があると教えてもらったので
行って見ますと

住所は、鹿児島県志布志市、志布志町、志布志です
なーんか、かっこいいわ~!

教えてもらった場所は、ここなんだけど
志布志市役所
志布志支所
があります

はて?
志布志市
しし役所しししょ、ってこと?
ふむう~、すもももももももものうち、みたいなことか??」

「いや、それ違うじゃろ!
志布志がたくさんついている、って言ってなかった?」

「あ、あった、あった、これじゃわ、これでしょ」
志布志市
「ふむう~、志布志は、1、2、3、、、五つしかついとらんが、、、、、
あ、そうか、
が10個あるわい」
「ああ、そういう事か、、、、なんかようわからんど、、、
志を全面に押しまくってくる、町の気持ちの熱さが、
とっても良いです~
絶対忘れない記憶に残るよねえ~」

「さ、次いこか、
すもももももももものうち、すもももももももものうち
あ、こっちが頭から離れなくなったーー」
とか言いながら、自転車を漕ぎ出します

「自転車漕いでいたら、なんかのフレーズが、ずっと繰り返すことな~い?
ガンダーラ、ガンダーラ、みたいに、
う、あかん、言うんじゃなかった
ガンダーラに変った、
♪ガンダーラ、ガンダーラ、ぜいせーいおーじいーんであ♪」
これって、おかはんだけなんでしょうか???

第250後半は鹿児島県へちょっと出る

今回のたびするの出動は、
宮崎県を南から北上して、できるだけ塗りつぶして行く
とう企画でしたが

9月22日(土)二日目
第250たびする前半
宮崎県串間市の都井岬から
地図

第250たびするの後半で
鹿児島県の志布志市に移動することになりました
地図

鹿児島県志布志市は、宮崎県串間市の隣りにあります


JR志布志駅
この駅の住所は、鹿児島県、志布志市、志布志町、志布志、だそうです
志布志市
駅舎にある観光協会にレンタサイクルがあり、
電動アシスト自転車が1台だけあるとのこと、500円だそうです
そして他の自転車は、普通の自転車で、無料ですって

とりあえず、おかはんは電動アシスト自転車、
とっつぁんが普通の自転車でスタートし、
途中で交換することに決まりました

まずは、ホームを見に行ってみますと
志布志市
志布志駅って、終着駅でした

レンタサイクルをやっている観光協会で聞いた話では
昔は、この志布志駅は、
日南線、志布志線、大隅線が乗り入れていたそうで
もっと先の方まで線路は続いていたんだそうです

今は、駅が
ぱつん、と線路を切ったように建っていました

観光協会の人に
「志布志市、志布志町、志布志の地位名がたくさん入っている表記があるとこって
どこかにありませんかねえ?
記念に写真に撮りたいんですけど」
とおかはんが言うと
「ああ、ありますよ。
観光で来た人が、けっこう写真に撮って行かれる看板が」
と教えてもらったので、その場所に行って見ることにしました
完全走破達成の県
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
第250大切なおじさんと出会う 2018/10/19
第250②折り返し地点でがっくーん 2018/10/18
第250②志布志市から曽於郡大崎町 2018/10/18
第250②志布志市、志布志町、志布志 2018/10/18
第250後半は鹿児島県へちょっと出る 2018/10/17
第250宮崎串間市から突然方向転換 2018/10/17
だくてんさんの動画公開 2018/10/17
そこまでやるかー! 2018/10/16
ドキドキして感動しっぱなし極小自転車 2018/10/16
第250馬と対面の緊張 2018/10/14
第250過去のたびする青森県にも放牧馬がいた 2018/10/13
オフタイムが早く見たい見たい 2018/10/13
開封作業は解剖のような緊張感 2018/10/13
贈呈式 2018/10/11
ここから楽しい口臭ケアの空き箱オープン 2018/10/11
お届け物 2018/10/10
第250野生馬を発見して緊張感 2018/10/09
第250予想通りのトホホな展開 2018/10/09
抜糸 2018/10/09
第250お土産5個100円にオマケ 2018/10/08
検索フォーム